fbpx

【2019年版】川崎市が「ふるさと納税」の取扱事業者募集開始!ふるさと納税による住民税の流出が56億円に拡大

川崎市のふるさと納税による住民税の流出が56億円に拡大したことへの対策か、「ふるさと納税」の取扱事業者募集開始しました。

ふるさと納税の現状

総務省が2日発表した2018年度のふるさと納税現況調査によると、首都圏(1都3県と山梨県)の受け入れ額は205億円と17年度より3%減った。

参考 ふるさと納税 5年ぶり減 205億円日本経済新聞 ・減少は5年ぶりで、全国の受け入れ額の4%にとどまる
・返礼品を見直した自治体や返礼品競争に加わらなかった自治体が苦戦している。
・2019年度の首都圏の流出は1,575億円と2018年度より34%増加している

川崎市のふるさと納税の現状

2017年度、川崎市12億円だったのが、2018年度には約40億円の住民税がふるさと納税により流出しました。

川崎市はふるさと納税で12億円の赤字と判明。川崎市の今後の対応は? 【2018年版】川崎市のふるさと納税の返礼品と手続き方法を他の自治体と比較してみた

2019年度の川崎市の「住民税控除額」は56.49億円となっています

参考 ふるさと納税 5年ぶり減 205億円日本経済新聞

川崎市への「ふるさと納税」の取扱事業者募集

「川崎市ふるさと応援寄附金」では生まれ育った地域や応援したい地域を、寄附金というかたちで応援する「ふるさと寄附金制度」を活用し、川崎市出身者をはじめ、全国の「かわさき応援団」からの寄附を募っています

参考 川崎市への「ふるさと納税」川崎市 ふるさと納税返礼品の取扱事業者募集
・2019年8月6日(火)受付開始
・2019年8月30日(金)第1次締切(10月掲載予定)
・2019年9月13日(金)第2次締切(11月掲載予定)

川崎市以外のふるさと納税の返礼品(贈呈品)

さとふるで人気の返礼品の一部を紹介します

参考 佐賀牛A5しゃぶしゃぶすき焼き用さとふる
参考 いくら醤油漬(鮭卵)さとふる

ふるさと納税の控除額上限のシミュレーション

さとふるのサイト上で控除額上限の金額のシミュレーションができます

参考 ふるさと納税控除上限額シミュレーションのご案内さとふる

ふるさと納税に関する情報

その他、ふるさと納税に関する情報はこちらを参考にしてください
【2019年版】川崎市がようやく本気!50億円の税金が流出するふるさと納税に対策、川崎フロンターレのユニフォームなど返礼品強化!【2018年版】川崎市のふるさと納税の返礼品と手続き方法を他の自治体と比較してみた川崎市はふるさと納税で12億円の赤字と判明。川崎市の今後の対応は?