fbpx

【2019年版】川崎市がようやく本気!50億円の税金が流出するふるさと納税に対策、川崎フロンターレのユニフォームなど返礼品強化!

川崎市が税金流出が50億円を超えているふるさと納税に対して、川崎フロンターレのユニフォームなどを返礼品に追加して強化しています。

ふるさと納税返礼品145品目追加

2019年10月1日川崎市はふるさと納税の返礼品として新たに145品目を追加すると発表しました。

参考 ふるさと納税返礼品 川崎市、145品目追加日本経済新聞 ・これまでの返礼品は19品目で、納税額は年間数千万円規模にとどまっている。
・市民による市外へのふるさと納税で流出する財源額は50億円を超える
・2019年10月1日から民間事業者からの提案公募などで返礼品を拡充
・2019年11月以降も返礼品を追加する予定
・寄付額は1億円が目標

川崎フロンターレ関連

川崎フロンターレの所属選手全員のサイン入りユニフォーム

参考 川崎フロンターレサイン入りユニフォームふるさとチョイス

富士通レッドウェーブ関連


参考 富士通レッドウェーブレプリカふるさとチョイス

その他の川崎市の返礼品


参考 川崎市ふるぽ

神奈川県のふるさと納税返礼品

川崎市はまだ返礼品は少ないですが、神奈川県という範囲にすると非常にいろんな返礼品があります

参考 神奈川県さとふる
参考 神奈川県ふるなび

ふるさと納税に関する情報

その他、ふるさと納税に関する情報はこちらを参考にしてください
【2019年版】川崎市が「ふるさと納税」の取扱事業者募集開始!ふるさと納税による住民税の流出が56億円に拡大【2018年版】川崎市のふるさと納税の返礼品と手続き方法を他の自治体と比較してみた川崎市はふるさと納税で12億円の赤字と判明。川崎市の今後の対応は?