fbpx

川崎フロンターレの新たなスポーツ拠点施設「フロンタウン生田」は2022年10月頃→2023年1月以降

生田浄水場用地(多摩区)を活用したスポーツ拠点として、2022年10月頃に、川崎フロンターレが新たなスポーツ拠点施設「フロンタウン生田」を開始予定です。→2023年1月以降順次利用開始となるようです。

スポーツ拠点施設「フロンタウン生田」

生田浄水場用地(多摩区)を活用したスポーツ拠点の整備について、川崎市は川崎フロンターレを運営事業者に選定

参考 生田浄水場用地の有効利用を図る事業者を決定川崎市 ・スポーツと文化を主軸に、地域の集いの場を市民に提供し、健康促進や青少年育成に貢献するための施設にする予定
・川崎市上下水道局では、生田浄水場用地の一部についてを株式会社川崎フロンターレと20年間の事業用定期借地権設定契約を締結
・供用開始予定:2022年(令和4年)10月頃

今後の予定

2022年(令和4年)10月頃の開始まで以下のスケジュールで予定しています

参考 生田浄水場用地の有効利用を図る事業者を決定川崎市 ・2022年には運用開始予定です

施設概要

施設の全体配置は以下の予定です

参考 生田浄水場用地の有効利用を図る事業者を決定川崎市 ・サッカーグラウンド2面のほか、多目的広場やテニスコートなどができる予定です

2021年10月時点の追加情報

・名称:フロンタウン生田(仮称から正式名称に)
・建設地:川崎市多摩区生田1-1-1の一部
・面積:約33,000㎡(ふれあい広場・多目的広場を含めた有効利用用地は全体では約48,000㎡)
・施設概要:川崎フロンターレ整備:人工芝グランド、体育館、屋外テニスコート、屋内テニスコート、クラブハウス、駐車場川崎市上下水道局整備:ふれいあい広場、多目的広場、ジョギングコース

スケジュール
(予定) 2021年10月~ 造成基盤工事
2022年1月~ クラブハウス・アリーナ・グランド工事
2023年1月~ ふれあい広場供用開始
2023年3月~ 施設全体共用開始
イメージ画像も発表されました。
フロンタウン生田
フロンタウン生田
フロンタウン生田
参考 「フロンタウン生田」工事着工のお知らせ川崎フロンターレ

川崎フロンターレに関する記事

麻生区に練習場のある川崎フロンターレに関する記事はこちらを参考にしてください
そばうどん櫻屋川崎フロンターレの練習場「麻生グラウンド」の目の前のある茅ぶき屋根が特徴のそば・うどん店「櫻屋」が閉店川崎フロンターレ無料チケット「川崎フロンターレ」のホームゲーム(鹿島アントラーズ戦)観戦チケットが抽選で合計50組100名に当たる新百合ヶ丘駅構内に川崎フロンターレ中村憲剛選手の現役引退を記念した等身大パネル【2019年】参加無料!守田選手や田中碧選手が参加予定!川崎フロンターレの「第10回あさお青玄まつり」を11月に開催!麻生グラウンドに公共交通機関を使って行く3つの方法(駐車場はありません)