fbpx

2021年春の小田急線ダイヤ改正で新宿発、新百合ヶ丘着の終電が20分程度繰り上げの予定

コロナの影響により小田急線の利用状況も変化していることから、2021年春にダイヤ改正を実施する予定です。新百合ヶ丘周辺では、最終列車の時刻が下りも上りも20分程度変更される見込みです。

小田急線2021年春のダイヤ改正(予定)

小田急電鉄より2020年11月4日に発表されたダイヤ改正の情報です

参考 来春のダイヤ改正における最終列車、一部の始発列車の運転時刻変更について小田急電鉄 ・最終列車の時刻を20分程度繰り上げ
・一部の始発列車の時刻を10分程度繰り下げ
・最終から始発列車までの間合いを4時間程度に延長
・ダイヤ改正の詳細は2020年12月中に公表予定

ダイヤ改正の背景

1.鉄道メンテナンスの担い手不足

少子高齢化に伴い、近年、鉄道メンテナンスを担う人材確保が難しくなっていることから、
働き方を改善し、将来の担い手不足へ対応することが課題となっています

2.小田急線のご利用動向

2019年9月と2020年9月の平日の利用状況は、コロナの影響もあり大きく変化しています

参考 来春のダイヤ改正における最終列車、一部の始発列車の運転時刻変更について小田急電鉄 ・特に最終列車付近(24時台)の利用常用は46.5%減となっています。

ダイヤ改正の目安

新百合ヶ丘周辺では、最終列車の時刻が下りも上りも20分程度変更される見込みです。

参考 来春のダイヤ改正における最終列車、一部の始発列車の運転時刻変更について小田急電鉄