fbpx

新百合ヶ丘駅前に本社があるAI潅水施肥ロボット「ゼロアグリ」を提供するルートレック・ネットワークス

スマート農業を展開し2.6億円の資金調達をしたルートレック・ネットワークスは新百合ヶ丘駅前に本社がある会社です。さらなる今後の成長を期待して紹介します。

スマート農業のルートレック、2.6億円の資金調達を実施

新百合ヶ丘駅前に本社がある株式会社ルートレック・ネットワークスが資金調達をしたプレスリリースになります

参考 スマート農業のルートレック、2.6億円の資金調達を実施株式会社ルートレック・ネットワークス ・プレスリリース:2020年6月26日
・第三者割当増資により2.6億円の資金調達
・株式会社農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)、株式会社オプティム、JA三井リース株式会社が引受先
・今回の増資により、自動潅水・施肥制御技術の高度化と、月定額サービス(サブスクリプション)の導入を行い、スマート農業事業を加速

参考 スマート農業のルートレック、2.6億円の資金調達を実施株式会社ルートレック・ネットワークス

株式会社ルートレック・ネットワークス会社概要

株式会社ルートレック・ネットワークスの会社概要は以下になります

参考 会社概要株式会社ルートレック・ネットワークス ・会社名:株式会社ルートレック・ネットワークス
・本社:神奈川県川崎市麻生区万福寺1-1-1 新百合ヶ丘シティビルディング6F
・代表者:佐々木 伸一
・設立:2005年8月
・事業内容:
(1) AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」および関連サービスに係る事業
(2) ネットワーク制御機器「ルートマジック」に係る事業
・2005年の創業以来培ってきたM2M/IoT技術を基に、2010年 総務省 広域連携事業の「ICTを利活用した食の安心安全構築事業」を契機にスマート農業事業に参入
・2013年からAI潅水施肥ロボット「ゼロアグリ」の提供を開始し、現在、全国の農家・農業試験場にて累計240台以上導入