「TOKYO GIANTS TOWN」構想でよみうりランド周辺が大きく変わる可能性に期待!

読売巨人軍は、現在のファーム球場「読売ジャイアンツ球場」に隣接する東京都稲城市に新たなファーム専用球場を新設し、商業施設も併設の「TOKYO GIANTS TOWN」を建設する構想を発表しました。完成は2023年3月末を目指すとのことで、少し先の話ではありますが楽しみです。

「TOKYO GIANTS TOWN」構想とは

かつての多摩川グラウンド時代の練習風景をイメージし、新しい時代を見据え、地域と一体となった施設にしたいと考えています。

読売巨人軍・ファーム球場の新設と「TOKYO GIANTS TOWN」構想について

読売巨人軍(東京都千代田区大手町1-7-1 代表取締役社長・久保博)は、読売ジャイアンツ球場(神奈川県川崎市多摩区菅仙谷)に隣接する東京都稲城市に4万1900平方メートルの土地を取得し、ファーム専用球場を新設します。稲城市の南山東部土地区画整理組合(森俊勇理事長)と当球団で24日、土地売買予約契約を締結しました。新ファーム球場は、天然芝の観客席やテラス席、デッキ席など備え、新たに商業施設も併…


・読売ジャイアンツ球場に隣接する東京都稲城市に4万1900平方メートルの土地を取得しファーム専用球場を新設
・新ファーム球場は、天然芝の観客席やテラス席、デッキ席など備え、新たに商業施設も併設
・野球観戦だけでなく都民の憩いの場として楽しめる「TOKYO GIANTS TOWN(仮称)」とする構想
・造成工事の本格開始はこれからで、新球場の建設着工は2021年3月末、完成は2023年3月末を目指す
・新球場が完成した時は、現在の読売ジャイアンツ球場は、主に3軍のグラウンドとして使用
・新ファーム球場を将来、チームを強力に牽引していく若手選手育成の一大拠点とする
・野球を通じて、稲城市をはじめ多摩地区全体の地域振興に資するよう努める

新球場の概要

・予定地:東京都稲城市の南山東部土地区画整理事業地(約87ヘクタール)東側
・敷地面積:4万1900平方メートル
現・読売ジャイアンツ球場および関連施設(3万5350平方メートル)の約1.2倍
・最寄駅:京王相模原線・京王よみうりランド駅
・完成:2023年3月末(見込み)
概ね以下のあたりのようです

読売巨人軍・ファーム球場の新設と「TOKYO GIANTS TOWN」構想について

読売巨人軍(東京都千代田区大手町1-7-1 代表取締役社長・久保博)は、読売ジャイアンツ球場(神奈川県川崎市多摩区菅仙谷)に隣接する東京都稲城市に4万1900平方メートルの土地を取得し、ファーム専用球場を新設します。稲城市の南山東部土地区画整理組合(森俊勇理事長)と当球団で24日、土地売買予約契約を締結しました。新ファーム球場は、天然芝の観客席やテラス席、デッキ席など備え、新たに商業施設も併…