fbpx

新百合ヶ丘の中古マンション価格上昇率は5年間で120%越えで、平均価格は3,507万円

新百合ヶ丘周辺だけでなく、首都圏の中古マンションのほぼすべての価格が上昇している中、新百合ヶ丘周辺の相場や価格変動などについてまとめました。

5年間上がり続けたマンション市場

マンション市場の記事の中で新百合ヶ丘のマンション変動率に関するコメントがありました。

・2012年以降の5年間で首都圏のほぼ全ての駅で中古マンション価格が上昇した
・例えば、5年前に買った築10年3,500万円の中古マンションが、2017年には4,200万円になっている。
・最も高いエリアにある表参道、代官山、青山一丁目は変動率も最高の133.5~135.5%となっており、価格が高いだけでなく価格上昇率も高い
・新築の供給が多く人気の高い湾岸エリアは勝どき129.7%、月島125.4%、豊洲120.9%とそれぞれ120%を超え、住みたい街ランキングの常連である中央線沿線の吉祥寺、荻窪はそれぞれ125.7%、127.0%、立川も120.3%と高い
・少し都心から距離のある、小田急線の新百合ヶ丘や京浜東北線の戸塚、藤沢なども120%超えとなっている。



新百合ヶ丘のマンション相場

新百合ヶ丘駅の中古マンションの価格相場をチェックできます

・新百合ヶ丘駅の中古マンションの価格相場について、月ごとの推移をグラフでチェックできるのでわかりやすく比較や検討ができます

新百合ケ丘駅中古マンションの平均価格など

新百合ヶ丘の中古マンションの平均価格は3,507万円です

・2017年の神奈川県 小田急小田原線 新百合ケ丘駅における中古マンション価格の平均値は坪当たり198.5 万円
・価格相場は1年前に比べて 59.2 万円増(+42.5 %)と大幅に上昇
・近年の取引物件の特徴は、築 20 年以内の比較的新しい物件数が大きく増加
・駅から徒歩 6 分未満の比較的駅が近い物件数が大きく増加

新百合ヶ丘周辺の住居環境の情報

新百合ヶ丘周辺のマンションだけでなく住居環境などに関する情報はこちらからご確認ください。

新百合ヶ丘が「交通の便が良く、自然と住みやすさが両立されている街」として紹介
川崎市麻生区の麻生小学校区は首都圏有数の高学歴な親が選ぶ学区神奈川県内1位!推計世帯年収は949万円
川崎市の人口が150万人を突破!麻生区の人口は17万7,149人



新百合ヶ丘周辺の新築マンション

新百合ヶ丘駅から徒歩9分の立地に新築マンションの販売が開始されます。南向き中心で日当たり良好のマンションです。

新百合ヶ丘駅から徒歩9分の新築マンション「プレシス新百合ヶ丘」が販売開始
・全戸65邸南向き中心で陽当たり良好な新築マンション
・間取り:1LDK+2S~4LDK