川崎市も横浜市営地下鉄(横浜3号線)の延伸に本腰!実現へ前進

横浜市営地下鉄ブルーラインの新百合ヶ丘駅までの延伸計画に関して、横浜市だけでなく川崎市も本腰を入れて検討を進める予定であることがわかりました。

開会中の市議会で明らかになったこと

横浜市と協議してきた横浜市営地下鉄ブルーラインの新百合ヶ丘駅までの延伸について川崎市の市議会でもコメントされました。
・川崎市は新百合ヶ丘周辺のまちづくりと併せて17年度から改めて検討を進めていく
・川崎市も17年度予算案として今議会で「総合都市交通計画推進事業費」から約1000万円を延伸に関わるまちづくり調査費として計上

川崎市まちづくり局交通政策室のコメント

横浜市の今後の判断がターニングポイントとなるが、延伸が実現すれば新百合ヶ丘が首都圏を結ぶターミナル機能を担うことになり、その立場も変わってくる。一方で駅周辺の交通渋滞など、今でも課題に上っていることはあるので、新百合ヶ丘周辺の将来のまちづくりとセットで横浜市との共存共栄を考えていきたい

と話す。
今後についても

交通政策審議会の答申や横浜市の具体的な考えも明らかになり、地下鉄延伸にスケジュール感が出てきた。引き続き横浜市の調査に情報やデータ提供で連携していく。税金を使うことなので、川崎市にもメリットのある計画になるよう協議していく

と話している。

横浜市営地下鉄ブルーラインの新百合ヶ丘駅まで(横浜3号線)の延伸

・横浜市営地下鉄の延伸は現在の終点あざみの駅からすすき野付近を通り、新百合ヶ丘駅まで約6キロを結ぶ計画
・事業化すれば川崎市北部と横浜市が結ばれることになり、広域的な首都圏の鉄道ネットワークを担う路線となる

横浜3号線に関する記事

横浜市営地下鉄ブルーラインの新百合ヶ丘駅までの延伸計画に関する記事は以下も参考にして下さい。