fbpx

新百合ヶ丘にあざみ野から地下鉄、正式決定!横浜市営地下鉄ブルーラインが新百合ヶ丘まで延伸「ヨネッティー王禅寺付近」に新駅が有力

横浜市と川崎市によりあざみ野~新百合ヶ丘間の市営地下鉄ブルーライン延伸の事業化が判断され、「ヨネッティー王禅寺付近」に新駅ができる案が有力です。

「地下鉄ブルーライン延伸 地元、沿線活性化に期待」日本経済新聞

日本経済新聞による記事では以下のように報道されています
参考 地下鉄ブルーライン延伸 地元、沿線活性化に期待 日本経済新聞 ・沿線では地域活性化への期待感が高まっている。
・川崎市内の駅は3案あり、ヨネッティー王禅寺付近、王禅寺公園付近、白山付近が候補となっている。
・既存のバス路線との連携や、周辺駅との距離などを勘案し、ヨネッティー王禅寺付近を有力候補としている。もう1駅は新百合ケ丘駅南口付近に設ける。
・延伸区間の1日当たりの利用者数は8万人程度と見込まれている。

「横浜市営地下鉄ブルーライン、新百合ヶ丘まで延伸。2030年開業へ」Impress Watch

Impress Watchでは以下のように報道されています
参考 横浜市営地下鉄ブルーライン、新百合ヶ丘まで延伸。2030年開業へ」Impress Watch ・横浜市と川崎市は、横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸について、事業化に向けた連携・協力で合意した。
・延伸区間には、新たに4駅を設置予定で、2030年の開業を目指す。事業主体は横浜市交通局。
・同路線の整備効果は以下の4点
(1)鉄道のネットワークの充実による広域的な交通利便性の向上
(2)新幹線へのアクセス機能強化
(3)新駅設置による利便性の向上
(4)駅周辺まちづくりなど沿線地域の活性化
・新幹線の新横浜駅に、横浜市北西部、川崎市北部・多摩地区などからアクセス性の向上が期待される
・現在バス便で約30分の新百合ヶ丘~あざみ野間が約10分と、20分の短縮を見込む。
・新百合ヶ丘から新横浜への新幹線アクセスも、現在の約35分(JR横浜線町田経由)から8分短縮の27分と試算している
・ルートは中央、西側、東側の3案があり、市民への状況提供や意見募集とともに、2019年度中に1ルートに選定予定

「横浜市営地下鉄ブルーライン新百合ヶ丘延伸「東側ルート」なぜ有力」マイナビニュース

マイナビニュースでは以下のように報道されています
参考 横浜市営地下鉄ブルーライン新百合ヶ丘延伸「東側ルート」なぜ有力マイナビニュース ・相互に連携・協力し、早期開業をめざすことを目的に、両市長による覚書の交換が行われた
・本事業の整備効果、延伸区域の費用対効果および採算性が認められることから、事業化することを判断しました
・両市とも「ヨネッティー王禅寺付近」に中間駅を設置する「東側ルート」を有力ルート案と考えているという
・同区間の所要時間約10分、1日あたりの輸送人員7.9万人。
・延伸区間であるあざみ野~新百合ヶ丘間は2030年(交通政策審議会答申の目標年次)開業を目標としている。

「横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野~新百合ヶ丘」を延伸へ!」横浜市と川崎市の記者発表資料

横浜市と川崎市の記者発表資料は以下のとおりです
参考 記者発表資料横浜市

以前の横浜市営地下鉄ブルーライン新百合ヶ丘延伸に関する記事

「新百合ヶ丘に地下鉄」が現実的に!新百合ヶ丘とあざみ野がつながる横浜市営地下鉄延伸計画に横浜市と川崎市が合意との情報 あざみ野から新百合ヶ丘までの横浜市営地下鉄(横浜3号線)の延伸は2018年度末までに判断 横浜市営地下鉄「あざみ野~新百合ヶ丘」間の延伸化計画の実現化は早くて2030年か

上記以外にも何度も、横浜市営地下鉄3号線の新百合ヶ丘延伸計画であるブルーライン延伸計画に関する記事を紹介していましたので参考にしてください
→「ブルーライン延伸計画
→「横浜市営地下鉄3号線延伸

アイキャッチ画像は、神奈川新聞の画像を引用させていただきました