麻生署管内の交通事故件数は2年で約1.4倍!高齢者の事故は全体の3分の1に

麻生区の麻生警察署によるとの交通事故件数は2年で約1.4倍に増加しており、交通事故の約3分の1が高齢者関連の事故ということです。高齢者の事故への対策としての「運転免許証の自主返納制度」についてもあわせて紹介します。

麻生署管内の交通事故件数

2015年同時期の284件と比較すると104件増加し、2016年同時期の329件からも59件増えており、対策が急がれている

https://shinyourigaoka.tumblr.com/post/169152620555/画像引用タウンニュース


・2015年1月から11月 284件
・2016年1月から11月 329件
・2017年1月から11月 388件
・神奈川県全体でも、2017年1月から10月の交通事故件数は2万3419件で、2016年の同時期と比べて1305件増加

麻生署管内交通事故の3分の1以上が高齢者関連

高齢者関連の事故が2017年1月から11月の件数のうち約36%を占めている
・高齢化も進み、人口自体が増えているので、対策は急務
・高齢のドライバーと歩行者両側面から対策が必要
・麻生区内を走る東急バスと市バスで運転免許証自主返納制度の案内放送を開始

「運転免許証の自主返納制度」と「運転経歴証明書」

運転免許証を返納とあわせて神奈川県警で行っている「運転経歴証明書」を活用した高齢者運転免許自主返納サポートについて知っておきましょう。

「運転免許証の自主返納制度」の概要や「運転経歴証明書」の申請方法や特典、メリット
・運転経歴証明書とはどんなものか
・運転経歴証明書の申請方法も紹介しています
・高齢者運転免許自主返納による特典やメリットもありますので確認してください