小田急多摩線延伸に関する小田急多摩線延伸促進協議会による「小田急多摩線延伸ニュース第15号」

新百合ヶ丘駅から唐木田駅までの小田急多摩線延伸の早期実現を促進するために、小田急多摩線延伸促進協議会が行っている活動が相模原市のホームページに紹介されています。あわせて2017年3月に発行された「小田急多摩線延伸ニュース第15号」についても紹介します。

小田急多摩線延伸とは

新百合ヶ丘駅から唐木田駅までの小田急多摩線を、町田市を通りJR横浜線相模原駅、JR相模線上溝駅、田名地区を経由し、愛川・厚木方面へ延伸する計画のことになります。

小田急多摩線延伸ニュース

小田急多摩線延伸促進協議会により、小田急多摩線延伸に対する関心を高めてもらうことを目的に、毎年1回程度、発行されています
2007年3月の第4号以降の「小田急多摩線延伸ニュース」は以下で確認することができます
→過去の「小田急多摩線延伸ニュース

小田急多摩線延伸促進協議会とは


2002年9月、小田急多摩線延伸の早期実現を促進するため、小山・清新・横山・中央・星が丘・光が丘・大沢・上溝地区自治会連合会及び8商店会により設立されました。

小田急多摩線延伸ニュース第15号

2017年3月に発行された「小田急多摩線延伸ニュース」になります。


・2016年度は小田急電鉄及び神奈川県、町田市、相模原市に対して要望書を提出し、小田急多摩線の早期実現に向けて取組みを進めていただくよう要望
・今後も関係機関に対して、延伸の早期実現に向けた要望活動を実施
・相模原市民桜まつりで、延伸ニュースの配布やビデオ等を用いた啓発活動を実施
・潤水都市さがみはらフェスタでは、延伸ニュースの配布に加え、ロマンスカーのペーパークラフトコーナーを設け子どもから大人までを対象に幅広くPR活動を実施

特急ロマンスカーと小田急多摩線延伸との関係

唐木田車庫の4・5番線は上溝までの延伸構想を「意識」

・上溝~新宿間は現在より27分短い52分になる予定
・新宿~相模原間は現在より20分短い49分になる予定