fbpx

テレビでも紹介された園児数1000人と全国最大規模の「柿の実幼稚園」にはこんな魅力があった

園児数や敷地面積が全国規模でテレビでも紹介されるなどもあり最寄り駅は柿生駅ですが、新百合ヶ丘や市が尾などから通う園児も多い幼稚園です。

柿の実幼稚園とは

小田急線柿生駅から車で10分ほどの川崎市麻生区の住宅街の一角にある「柿の実幼稚園」
・敷地面積は広大で約1万平方メートル
・園児は38クラスで約1000人、先生は約160人で全国最大規模

障害児が日本一多い幼稚園「柿の実幼稚園」

多様な障害のある園児が合計で約300人在園している
・多様な障害のある園児がなんと約200人
・さまざまな理由で障害者手帳を持たない障害児が約100人
・合計で約300人の障害児が在園
・園児の20%、5人に1人が障害児
・障害児も軽度や中度の障害のある園児たちもいるが、中には毎日、頻繁に吸引が必要な園児や全盲、自閉症、さらには横たわったまま移動せざるを得ない園児も多数いる
・障害児の入園は「みんなちがって、みんないい・・・」というスローガンの下、開園当初から自然に行っていた
・小島園長は園希望者の中でどこの幼稚園でも入園を認められない重度の障害児も少なからずおり、「差別はおかしい・・、正しくない・・」と周囲の心配もあったが積極的に受け入れに動いた

テレビでも放送された話題の幼稚園「柿の実幼稚園」

「園児1000人の大運動会 日本一!?すごい幼稚園」としてテレビでも紹介されました
・2010年11月8日、日本テレビで放送
・園児の数は1000人で9ヵ所の園舎に40クラスに140人の先生がいて、1クラスに先生2~3人ついている
・幼稚園の敷地には裏山が有るなど自然が豊富である事も人気
・1000人もの園児が参加する為に2日間に分けて開催される運動会の模様を放送

柿の実幼稚園のホームページ